家庭裁判所で裁判官の右腕となる調査官

裁判官は、たくさんの調査資料を読んだり証人の話を聞いたりして判決を下すのが主な仕事です。刑事事件では、弁護人と検察官の両方から資料が提出されるわけですが、少年事件などの場合は、検察官から出される証拠の他にも公平な資料が必要となります。そのため、裁判所では家庭裁判所調査官という職業の人が調査を行っています。事件が行った背景や、家庭環境、少年の心理的要因などを調査してまとめます。この調査官は、警察とは関係のない裁判所直属の職業で、裁判所職員採用試験に受かった人がなれます。公務員として働くわけですが、他の公務員よりも合格率、採用の割合が低く、難度の高い職業です。

大学卒もしくは院卒、特にロースクール卒の人が採用試験を受けることが多く、狭き門となっています。しかも、試験に合格して採用されてからすぐに調査官となれるわけではありません。最初は調査官補として働き、2年程度の養成課程、実地研修を経てから始めて正式な調査官となれるのです。裁判官の右腕とも言える存在で、少年裁判の行方を左右する重要な役割を果たします。

裁判所の様々な実務を担当する事務官

裁判所内のいろいろな事務仕事を担当するのが事務官です。いくつかの部門に分かれていて、司法行政部門というところでは、人事や総務などの裁判所全体に関わる事務仕事を行います。一方で裁判部門では、裁判そのものの運営に関わります。裁判スケジュールの調整など、裁判がスムーズに進んでいくように働いていきます。あくまで事務方での仕事ということになりますが、この仕事の経験は非常に貴重なもので、一定のキャリアを積むことで司法書士や書記官、副検事などになれる道が開かれます。

裁判の記録を管理する書記官

裁判官が下した判決などを記録にしっかりと残して、確実な証明としておく仕事は、裁判所書記官が行います。なされた裁判を有効なものとするため、裁判記録を後々判例として使えるように保管するため、非常に重要な働きをするのです。

裁判所職員採用試験に合格することがスタートですが、試験に合格したからといっていきなり書記官になれるわけではありません。まず、試験合格者は事務官として勤務することになります。その後、一定期間仕事を続け、書記官になるための試験に合格し、その後1年以上の養成研修を修了して初めて書記官になれるのです。キャリアが必要な職業で、それだけ責任の重い仕事だということが分かります。